Tuesday, October 24, 2017

ブライダルエステの種類 ~基本ケア~

ブライダルエステで基本となるのが、フェイシャルケアとボディケア、それからむだ毛の処理。必要に応じてオプションを組み合わせたり、単独コースでエステをうけます。

ブライダルエステで基本となるのが、フェイシャルケアとボディケア、それからむだ毛の処理。必要に応じてオプションを組み合わせたり、単独コースでエステをうけます。


フェイシャルのエステ

結婚式のメイクをいっそう素敵にするためのお顔のエステです。

クレンジングやピーリングで、日ごろのお手入れで取り残している毛穴の奥の汚れを取りのぞき、美肌をよみがえらせます。忙しくても特にやっておきたいエステです。

肌にトラブルがある場合には、できるだけ早めのケアが必要です。また、アレルギーのある方は、施術前にパッチテストを必ず行ってくれるエステティックサロンを選びましょう。どんな化粧品を使うのかも事前にチェックしておくと安心です。

ボディのエステ

顔と同様に、背中やデコルテ、手に磨きをかけるエステです。

背中や首すじなどは、手が届きにくくケアがさぼりがちになるところ。だからこそ、念入りに手をかけてニキビ跡や毛穴の汚れをケアします。

デコルテ(胸元)のケアは、胸元があいたドレスを着るには必須です。 潤いのあるすべすべ肌はドレス姿のあなたを一生輝かせてくれますから。お顔と同じように、毛穴の汚れからしっかりケアします。

忘れがちなのが二の腕や手のケア。指輪をはめるとき、手は一番の主役ですし、ドレスから見える腕もたるんでいては台無しですね。マッサージやパックで、潤いのある手とキュッとしまった二の腕を手に入れましょう。

そのほか、ミニのドレスを着るならフットのエステもチェックしておきたいですね。フットトリートメントですべすべの美脚つくりをしましょう。
ボディトリートメントはリラクゼーション効果も高いので、日ごろの疲れを和らげるのにもおすすめのエステです。

むだ毛の処理

むだ毛を処理します。腕や脚のむだ毛の他にも、背中やお顔のうぶ毛のケアがあります。とくに背中が見えるドレスを着る場合、シェービングはかかせないですね。

オプションのエステ

余裕があればネイルのケアなどでさらに磨きをかけたいですね。


ブライダルエステをするなら、1. フェイシャル、2.デコルテ、3.背中の3つのエステはおさえておきたいところです。この3セットでエステティックサロンの効果は充分期待できるはずです。

もともとメニューが決まっているブライダルコースを選ぶときは、まず含まれているメニューをきちんと確認しましょう。中にはフェイシャル集中、ボディ集中のブライダルコースもあります。

top